愛犬をサイドカーに乗せてバイクに乗ったり、愛犬とのハイキング、K9スポーツサックで愛犬と一緒におでかけする時などいろいろな場面でRex Specs が活躍します。

健康と予防策

多くの犬が8才までに何らかの目の病気にかかると言われています。その病気のほとんどは紫外線やごみ、砂などが目に侵入するのを防いだり、眼鏡レンズやブラシを使って治療することが可能です。

職業犬

Rex Specs K9 デザインは職業犬に最適です。Rex Specs K9 は警備犬のトレーナー、アメリカ国防総省、ハンターが使用しており、多くの軍用及び警備場面でも使われています。Rex Specsはその多様な有効性により、多くのK9職業人から業績を讃えられました。

  • 大きな球体レンズデザインで視界を広く確保し、装着中の障害や妨害を最小限にします。
  • 柔らかいフォームパッドが心地よくフィットし、ホコリやゴミから愛犬を守ります。
  • サイドの調節可能なストラップで愛犬のサイズに合わせられ、他の製品やハーネスと簡単につなげることもできます。
  • 動いていてもゴーグルが安全にフィットし、活動や顎の動きに影響を与えずに愛犬の目を守ります。

Rex Specs – 私たちを守ってくれる人への保護活動

REX SPECSの使用例:

慢性表在性角結膜炎(パンヌス)とは犬の目に見られる症状です。ジャーマンシェパードに多く見られるものの、どの犬種にも起こりうる病気です。パンヌスは紫外線の強いロッキーマウンテンでよく見られます。パンヌスは角膜に炎症が起こり、太陽光に当たることで悪化し角膜を傷つけ進行すると失明することもあります。Rex Specs K9は有害な紫外線を防ぐことによってパンヌスの治療を助けます。

刺され傷などの外傷はRex Specsを習慣的に使うことによって防ぐことができます。ハイキング、狩猟、フィールドトライアルなどの訓練犬は草や枝から刺され傷を負ったり角膜を傷つけたりすることがあります。Rex Specsを装着させることによってそのような外傷の心配をせずに訓練に取り組むことができます。